日本胎盤臨床研究会

  • 2012.06.01 Friday
  • 20:23
 5月20日(日)今大会は実行委員長を経験しました。
プラセンタも、チェ・ジュウ(プラセンタ100)、研ナオコ・川島なお美・秋吉久美子の(プラピュアG)などゴールデンタイムのCMが放映されるようになり、メジャーになりつつあります。
この研究会は、プラセンタを医療に如何にして役立てるか、またいかに安全に使用するかが最大の課題と考えています。
事務長の新田さんあっての研究会ですが、その点を充分アピールしております。
大石学術担当理事(左)の協力も有り、エビデンスもつきつつあります。

今回は韓国高麗大の教授によるマウスによる実験によると、DNAの損傷・脂質過酸化・たんぱく酸化等において、プラセンタがDNA修復や抗酸化作用があることを発表しました。

大石氏の螢好痢璽妊鵑任癲長崎大との共同研究で放射線障害の修復機能があることを実験中だそうです。
様々な機能を持つプラセンタの実態が、少しずつ解明されようとしています。


スポンサーサイト

  • 2017.05.19 Friday
  • 20:23
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM